日常のお口ケア

■朝起きたらまず歯磨き!?

朝、寝起きの口内は雑菌だらけです。
起きた直後の口内のねばねば、あれが虫歯や歯周病、口臭の原因です。
最近の研究では、その雑菌の量は、ウ●チの量に匹敵するとも言われています。
朝おきたら食事の前に歯磨きしましょう♪

歯磨きは、寝る前と起きた時、が効果的なタイミングです。

 

■食事の後の歯磨きについて

食事をしたあとすぐ歯磨きをするのは間違い。唾液がもつ本来の(口内の掃除の)役割を損ねてしまいます。
(厳密には、食事をして歯が「酸化」した状態で歯を磨くと、歯の表面を傷つけてしまい虫歯になりやすくなります。)
唾液が分泌されているうちは唾液に掃除してもらいましょう。食後30分ほどして、歯磨きするのが効果的です。 

 

■歯ブラシは、ヘッドが小さいものがオススメ

歯磨きは、ダイナミックにゴシゴシするより、細かくチョコチョコ動かす方が効果的です。そのため、歯ブラシは比較的ヘッド(ブラシの部分)が小さくて、奥歯までしっかり届き、動かしやすいものがベター。

 

■唾液は健康の強い味方

唾液は、消化作用はもちろんですが、抗菌・自浄作用という役割も持っています。実際、唾液の多い人は虫歯になりにくかったり、冬場など口が乾燥しがちな人は免疫力が低下しインフルエンザになりやすかったり、という報告もあります。

特にお年を召してくると、口の中が乾燥しやすくなるので意識した心がけが大切です。

食事の時は、よく噛んで食べる、
梅干しやレモンなど、ちょっと酸味のあるものも定期的に摂取する
キシリトールガムなど、歯の健康に配慮されたガムなどを噛んでみるなどで
唾液の分泌を助けることもできます。

 

■「噛む」という行為の大切さ

毎日私たちは「噛む」という行為をしますが、「生きる」ということと非常に結びつきの深い大切なおこないです。まず第一に「美味しく食べる」ということは、何より動物に幸せを与えてくれます。
また「噛む(アゴを動かす)」行為は、脳にも大きな影響を与えているとされ、頭の働きを活発にしたり、認知症の予防にも効果があるとされています。

逆に、虫歯がある人、噛みあわせの悪い人は、食事を楽しめない、肩こりや頭痛、精神的苦痛、認知症など健康そのものに影響が出てきます。

「歯は健康の証」とは、そういうことなのです。

 

1e06c006f778564ceed24902646e015e1
PAGETOP